30オーバーの婚活とそれから

30オーバーの婚活とそれから

肉食系30オーバーの婚活と結婚生活

とどめのメール

長野くんは手を繋いだり、スキンシップを良く取りたがる。

カフェで向かい合ってお茶してる時も、私の手を触ってくる。

 

並んで歩いている時に、腕を組みたいのか私の腕に絡まってくる。

まるでコアラが木に抱き着いているイメージ。私はユーカリの木。あるいは連行されてる感じ。こんな風に絡まれると私が身動き取りにくくて窮屈だ。

 

手を繋ぐ時、 これは私の固定概念かもしれないけど、手の繋ぎ方は男性が前側(手の甲が前で平が後ろ向き)で女性が後ろ側(手の甲が後ろ向きで平が前向き)だと思っていた。

 こんな風に↓

   f:id:Lily-yuririn:20180908000323j:plain

 

長野くんは私が思う繋ぎ方の逆をしてくる。

違和感があるので、こうがいい!と言って私が後ろ側で繋ぎ直すけど、また次に繋ぐ時は元通り。

 

 

ベタベタするのは元々好きじゃない。

長野くんのスキンシップ一つ一つに不快感を覚える。

最初から?次第に…? 今となってはどちらかわからない。

 

 

食事やお茶の時、各々の飲み物を注文しているのに「ちょうだい」の一言もなく、私の飲み物を自分のもののように勝手に飲んでくるのも嫌だ。

しかも私が飲む前に先に口をつけるとか、どういうしつけをされてきたんだろう。

 

 

相変わらずおはようメール、おやすみメールも毎日送られてくる。

私は朝は車通勤だからケータイを弄ってる余裕はないし、そもそも起きてから仕事開始までの時間の余裕もない。

お昼はボスたちと食べに行くからケータイチェックはしないし、勤務時間はもちろん仕事に集中してる。 おはようメールは夜まで読めないこともざらにある。既読になってないのに次のメールが健気に送られてくる。

暇なのだろうか。

 

 

どんどん重く感じるようになってきて、ああもう無理かなと思い始めてきた。

 

 

そんな中、今週末は両親と約束があるから会えないと言ってきた。

わかったと快諾し、それぞれの週末を過ごした。

長野くんのご実家は飛行機を使わないといけない土地。そのご実家からご両親が突然来ることになったらしい。

 

その夜長野くんからメールがきて、

両親に私の話をいっぱいしたよ!と報告された。

ご両親の結婚式の時の写真も添付されていた。

 

 f:id:Lily-yuririn:20180913023249j:plain

 

ドン引きした。

まさかじゃないけど、私と付き合い始めたと聞いて両親はこちらへ来た…?結婚式の写真を持って。

 

付き合って1か月経ってない。